2017年6月1日より百度が実名登録制になります

中国サーバーのパル営業の高橋です。

《中华人民共和国网络安全法》が2017年6月1日に施行されますが、その影響で百度のアカウントが実名登録制になります。

百度関連のものは当社でも頻繁に使用していますので、スタッフ一人につき一つ以上アカウントを持っています。これまでは携帯電話登録のみでアカウント作成可能でしたが、今後は身分証明書の提示などが必要になってくるのでしょうか。詳細は不明です。

 

百度の検索を使用するときにアカウント登録するかしないかはあまり関係ないようです。実名登録したアカウントを使用すると、“百度网民权益保障计划”の保護を受けれますということらしいです。

 

“百度网民权益保障计划”とは何か?

・百度のリスティングサービスでフィッシング詐欺にあった場合、損失補償します。

以上です。決してオーガニックで出現したサイトがフィッシング詐欺であって、それに引っかかったら保証しますとは書いていませんのでご注意ください。

 

結論から言いますと、特に大きな変化なしという感じですね。

 

中国サーバーや香港サーバーを使用してサイトを公開しますと、

必ずその次の作業としましては、百度にインデックス登録となります。

その際、百度站长にログインする必要があり、

中国の携帯電話認証が必要です。

当社では中国主要検索エンジン登録業務も行っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL