【支払いはWechatPay】
中国の電子決済を日本で活用するべき理由とは

アフターコロナで中国人が1番行きたい国とは

    JIMCの調査によると、中国人がコロナ後に行きたい国一位に日本が選ばれているそうです。
    距離的に近いこともあり、気軽に行きやすいことも理由の一つでしょう。

    コロナが始まる前、人気となっていたのは、化粧品や健康グッズといった消耗品です。
    これらの商品を扱う店舗で、WechatPayのような、中国の電子マネーに対応していると、
    良いアピールポイントになることでしょう。

    本国と同じように支払いができるからです。

    WechaPayとは

    テンセントが運営するメッセンジャーアプリWechatに付随する電子マネーのこと。
    オフラインに強く、QRコードで決済します。

    日本でWechatPayで決済する際も、専用アプリでQRコードをスキャンして決済が完了します。

    中国と日本の電子決済の普及率の違い

    現在、中国では電子マネーによる支払いが普通になっています。

    大きなショッピングモールは当然ですが、
    街角の屋台であっても対応しているというから驚きです。

    しかも、電子マネーの普及率が非常に高いということもあり、現金での支払いを断られることもあるそうです。
    中国での電子マネーの普及率は98%といわれています。

    日本でも浸透してきているとはいえここまでではありません。
    現金派がまだまだ多いのが現状でしょう。 

    中国で電子マネーが普及した背景とは?

    規格の統一が主な理由です。
    日本の場合電子マネーの種類によってはリーダーも違うことがあります。

    しかし中国では規格が統一されているので、
    アリペイであれWechatPayであれ、全国どこでも気にせず使えるというわけです。

    Wechatを用いてプロモーションも可能

    Wechatを通して、キャンペーンやお店の情報を発信できます。
    例えば、営業時間や対応言語、WechatPayに対応していることなどをあらかじめ発信し
    Wechatpeyが使えることをアピールすることができます。

    今からWechatを用いて認知を図るなら、
    日本への観光目的の入国が可能になった際には集客につなげることができるでしょう。

    公式アカウントを立ち上げたり、ミニプログラムを活用することによって、
    日本にやってくる前と日本に到着してからのプロモーション効果も期待することができます。 

    まとめ

    中国人向けのインバウンド施策をお考えで、WechatPayの導入を先送りにするのはお勧めできません。
    特に中国人をメインに考えているならばWechatPayの知識は必須です。

    記事の最初で述べた通り、中国人の98%は電子マネーで決済を行っています。
    しかもそのほとんどがWechatPay使用しています。

    観光客が日本に戻る前に導入することをお勧めします。
    弊社でもWechatPayの導入支援は可能です。

    もし電子マネーの導入がまだのようでしたら、他社様の電子マネーのパッケージプランなども検討できますが、
    その際は、パッケージの中にWechatPayが含まれていることをご確認ください。

    低予算でく導入するのであれば、WechatPayだけで運用することも可能です。

    今すぐ無料で問い合わせる