Install this webapp on your device: tap and then Add to homescreen.

中国/台湾の市場調査・戦略立案

コロナで変化した中国市場を知ることで正しい戦略を立てられる
中国EC市場リサーチなど、最新データをキャッチします
定量調査、定性調査、統計データ調査、アンケート調査、対面調査、電話調査など
幅広い調査チャネルで、お客様にとって最適なデータを探索・収集。
そこから確度の高い仮説を立て、検証、戦略を立案します。

5つのツボのうち、どれが最も売れるでしょう?

左の画像の5種類のツボを日本のECで販売していて、
赤色のツボが最も売れていると仮定します。

中国進出を考え、中国EC市場を狙うとしたとき、
・需要はあるでしょうか?
・既存の製品で競合は存在するでしょうか?
・マーケットの大きさはどのくらいでしょうか?
・どのデザインが売れやすいでしょうか?

答え

市場リサーチ結果次第で判明します。

なぜ市場調査が必要?

日本で売れる良い製品は必ずしも中国で通用するとは限りません。 同じレベルのツボを模倣されて、 1/2 ~ 1/10の価格で販売されている場合もあります。何よりもまず、海外進出においてはマーケティングが命です。

Am I clearly communicating my value proposition?

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Integer nisl risus, ultrices non dictum id, varius ut erat. Etiam eget tincidunt eros, at sollicitudin mauris.

Is my product/service a real business?

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Integer nisl risus, ultrices non dictum id, varius ut erat. Etiam eget tincidunt eros, at sollicitudin mauris.

What differentiates my product from the competition?

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Integer nisl risus, ultrices non dictum id, varius ut erat. Etiam eget tincidunt eros, at sollicitudin mauris.

How much power do my customers have?

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Integer nisl risus, ultrices non dictum id, varius ut erat. Etiam eget tincidunt eros, at sollicitudin mauris.

日本にいながら市場調査する方法

日本の政府や機関が発表しているマーケティングデータをもとに、基礎情報を集められます。中国進出を検討しているなら、大前提として押さえておくべき情報が載っています。まずはデスクリサーチをオススメします。

まずは無料Web相談

なぜ進出したいか、何を売りたいか、どこで売りたいか、どのような手段で売りたいか、誰が担当するかなどをお聞きしたうえ、

・主力商品の強みや独自性
・予算感
・スピード感
・日本での販売実績
・ターゲット層
・既存販売チャネル

などの情報もお伺いいたします。それらの情報をもとに、
次の一手である中国国内でのリサーチに入ります。 

中国市場リサーチの内容

ターゲットの絞り込みとニーズの把握は、資金や労力の無駄を減らし、
結果的には成功への近道かつコスト削減(約30%減)になります。
ターゲットを厳選できるので、より生きたデータと深層ニーズを掘り出すことが可能になります。 

中国市場調査の流れ

1. お客様とリサーチの内容、目的、ターゲットについて
 ディスカッション
2. 設問を準備し、内容に対するお客様の同意確認後、
 質問を翻訳し、ネット/電話/訪問にてリサーチ開始
3. 集計後Excel形式にてレポートを納品

※対象人数、エリア、年齢、性別、年収、結婚歴、趣味や経験等から自由に選択できます
※人数やターゲット限定により単価は変化します


戦略立案・コンサルティング

市場リサーチにて作成したレポートをもとに、データ解説とそれに基づく施策を提案します。
中国を知り尽くしたプロ集団(中国・台湾在住)がデータから読み取れる中国人のニーズを抽出し、的確な施策と方向性を示します。

その後のプロモーションもリサーチ結果に基づいて戦略を立てます。市場リサーチで得られたデータは最後まで無駄にすることなく活用させ、ワンストップで中国進出を強力サポートいたします。

こちらの戦略立案は、市場リサーチ費用(15万円-20万円)に含まれており、必要なら何度でもWeb会議を開くことができます。

ストーリーで理解する
中国市場調査

中国進出時によくあるお客様の勘違い事例をご紹介。

顧客ペルソナ設定

・日本でサプリメントのEC販売が好調なA社。

・商品力があり、プロダクトデザインが洗練されており、Web広告施策も市場にフィットしている。

・オンライン販売の実績が豊富で、コロナ禍でさらにEC販売の売り上げを伸ばしている。

・海外展開は会社設立当初の10年前から関心があった。

・「中国人は日本ブランドが好き」と聞いて、日本ECのノウハウを海外展開時に活かせば中国進出はうまくいくのでは、と可能性を模索している。

・販売チャネルはECプラットフォームを希望。

・スピード感重視で、早速中国マーケットに参入したいと考えている。

・予算は捻出可能。

市場調査ストーリーに出てくるお客様の情報

お客様:中国ECでサプリメントを販売したいと思ってます。日本でEC販売は成功していて、海外にスケールしたいんですよ。

パル:御社の商品、日本での人気が凄いですね。商品力もあるし、ストーリーもしっかりしてらっしゃいますね。デザインも美しい。

お客様:ありがとうございます。これを中国の20-30代の女性をターゲットに、オンラインで売れたらなと思ってます。月に2000パッケージほど売れていけたらいいなと思ってます。

パル:なるほど。実際に、ターゲット層顧客の使用した感想や、市場のトレンド、競合になりうる製品などの調査は行ってらっしゃいますか? 

お客様:いえ、本格的には市場調査は行ってないです。セミナーでの情報収集ぐらいですかね。予算は捻出できるので、今月にでもECに出店してプロモーションしていきたいんですよ。日本でもそうやって成功できてるし。

パル:スピード感は素晴らしいです。ただ、お客様の使った感想や市場動向を知らないと、中国人のネイティブの感情に訴えるようなキャッチコピーで広告を打つことはできませんよね。そこはどうお考えですか?

お客様:日本での成功事例をもとに、それを中国語翻訳すればいいんじゃないですか?商品力にも自信があるし。中国の方って日本の商品が好きって聞くので、それでいいかなと。

パル:最近の中国は、国内での生産レベルが高まっていて、日本レベルのデザイン品質を凌駕していて、価格は日本と同じ機能をもつ商品で1/3くらいのものってて沢山あるんですよ。だから日本ブランドのポジションは下がってきている。日本で売れているものが、必ずしも中国で売れるわけじゃないんです。

お客様:そうなんですかぁ。

パル:はい、ですから市場調査したうえで、中国における自社のポジションを知り、お客様の感想に基づく広告戦略を練っていく必要があります。市場調査をした方が、顧客の心を動かす広告が打てたり、リスクが低く収益の見込める販売チャネルを正しく選べるので、最終的に中国進出の総合的な時間もコストも30%ほどカットすることができるんですよ。

お客様:そうなんですね。そういう支援実績はあるんですか?

パル:はい、いろいろ紹介できますよ。例えばですが、お客様と似た事例ですと、ECで多額の投資コストをかけるよりも、現地で全国展開しているドラッグストアのチェーンに卸した方が速いですね。オンラインのB2Cではなくて、オフラインのB2Bですね。でもそれは、市場調査をして初めて分かったことでした。

お客様:なるほど。

パル:中国では日本の常識は通用しません。言語も文化もトレンドも好みも商習慣も宗教も違います。ですのでどんなお客様にも、まずは市場調査をしていただき、低リスクで中国進出していただきたいと思ってるんですよね。仮に御社の商品が中国で売れる可能性が見出せなければ、正直に申し上げています。

お客様:理解しました。この件は検討します。もし市場調査するとなると、どれくらいの期間を要するんでしょうか?

パル:サンプル品を送っていただき、現地のターゲット層の声を聞く調査ですと、商品手配に1週間、リサーチに2週間、レポート集計と報告で1週間で合計1か月前後ですね。うちは、レポートを出すだけでなく戦略立案もパックで提供してるので、戦略立案の時間も含めるとプラス1~2週間とみなしてください。

お客様:わかりました。いったん社内で相談してみます。

中国市場調査で得られる効果


時間・労力・コスト面で、
総合的に30%カットする結果になります。
正しい中国市場データをもとに、正しい方法で中国進出が可能になるからです。

%

時間

%

投資金額

%

労力・エネルギー

パル株式会社

中国市場調査・マーケティングリサーチ・戦略立案のお問い合わせ