2021年中国の化粧品市場の五つのトレンド

目次

・Z世代がオンラインでの消費を牽引

・有効成分に焦点を当てたスキンケアが注目を集める

・医師と共同開発されたスキンケア用品

・自分の肌に合う商品選び

・全身をケアするという考え方

・進化したパッケージと心をつかむ小型ポータブルパック

・まとめ

統計によると、中国の化粧品市場の小売売上高は2020年に3000億元を超え、オンラインチャネルの売上比率は年々着実に増加しており、2023年には40%を占めると見込まれています。

化粧品産業の消費の増加があり、他の国と比較して、中国の化粧品の消費は、まだ大きな開発の余地があります。

Z世代がオンラインでの消費を牽引

オンラインでの化粧品の消費量は、過去3年間で年々増加しており、90、95年以降の世代は消費が最も高く、00年以降の世代は消費の伸びは最も顕著であり、若いZ世代は美容スキンケアの分野での消費の可能性を徐々に明らかにしています。

「CBNdata」の消費統計によると、Z世代は消費頻度で他の世代を上回り、一人当たりの年間消費ブランド数も比較的高く、おおきな消費特性を示しています。

化粧品販売中国

有効成分に焦点を当てたスキンケアが注目を集める

化粧品の有効成分に焦点を当てた科学的スキンケアが徐々に注目を集め、中国の各メーカーもこの傾向を踏まえた商品を投入しています。データによると、成分の有効性とコストパフォーマンスが化粧品を購入する主な決め手になっています。

ヒオシアミンやサリチル酸などの機能性化学成分、ツバキなどの天然植物抽出物が「安全なスキンケア」、プロバイオティクスなどのマイクロエコロジー成分が「科学的なスキンケア」を実現し、「最適なスキンケア」を実現します。

こういったスキンケア製品の消費において中国国内ブランドはシェアを50%以上占め、海外ブランドよりも単価が低く成分効率とコストパフォーマンスの優位性が高いと言えます。

例えば、肌のきめを整え潤いを与えるサリチル酸含有の商品を日本のメーカーと中国のメーカーで比べてみましょう。 

化粧品比較

日本製1,990円(アマゾンより引用)

化粧品比較

中国製92.22元(約1,636円)京東より引用

化粧品比較

中国製36.5元(約648円)京東より引用

比べてみると安い商品を選ぶと約三分の一の値段で買えることが分かります。内容量も日本製50gに対して中国製は140グラムと、2.8倍という点を考慮するとその差は歴然です。

もちろん添加物の違いや付加的な効果の違いもあると考えられるので、一概にどちらが優れているとは言い切れませんが、価格の差が大きいことはご理解いただけたと思います。

さらに、右端の商品とも比べてみましょう。こちらは、サリチル酸に加えて美白もできるクリームです。高機能な製品にもかかわらず値段は日本製のサリチル酸含有クリームより安くなっています。

このように中国国内ブランドの製品は安く買えるため、コストパフォーマンスを重視する購入者にとっては、第一の選択肢になると考えられます。

医師と共同開発されたスキンケア用品

成分の有効性に焦点を当てるだけでなく、スキンケア製品情報における皮膚科医や専門家の意見に対する消費者の信頼も大幅に向上しました。皮膚科レベルのスキンケア製品の販売規模は年々拡大しており、スキンケア製品全体よりも急速に成長しています。

また、美容分野での影響力がKOLに代わり医師や専門家のコメントを信頼するようになっている傾向からも、効果の高いスキンケア化粧品が求められていることが垣間見えます。 

自分の肌に合う商品選び

スキンケアメイクの消費規模は3年間で6倍以上に増加しており、スキンケアベースメイクが90%以上を占め、中でもBBクリーム/CCクリームの成長率が最も高いとのことです。

消費者のスキンケア化粧品への要求の中で、保湿は中心的な要求であり、ハーブ、古代のレシピとエッセンスは、成分上のスキンケア化粧品の主要なプロモーションポイントと言えます。

また、男性のスキンケアに対する意識も徐々に高まっており、その消費量は女性を上回るペースで伸びています。 地理的には、北部の消費者はスキンケア意識の浸透率が比較的高く、スキンケア消費をリードしています。 

ヘッドケア

全身をケアするという考え方

消費者のスキンケアコンセプトは、顔にとどまらず、身体洗浄、ヘッドケア、その他の分野に徐々に広がっています。

オンラインでのボディソープ成分の認知度の浸透は年々高まっており、中でも美白成分が人気です。 美白効果のあるボディソープのカテゴリーの中では、ボディケアとボディクレンジングの消費規模が最も大きく、ハンドケアは特に大きな成長率で、今後消費の可能性を秘めています。 異なった美白成分の中で最も目立つのがナイアシンアミドで、次にフルーツ酸が続きます。

さらに、約8割の消費者が髪の健康に関心を示していることから、ヘッドケアはますます注目されています。CBNdataの消費者データによると、オンラインでのヘッドケア市場はこの3年間で約2倍に成長しています。

シャンプーやコンディショナーに加えて、エッセンシャルオイルや栄養剤、ヘアマスクなどの洗練された洗浄剤も消費者のヘアケアプロセスに加わっており、特に頭皮用のプレウォッシュ製品(洗髪前に頭皮を洗浄する製品)やエッセンシャルオイルは、突出した成長率でより大きな伸びを示しています。

85年以前の世代は「アンチロス」、95年以降の90年代は「アンチエイジング」「抗酸化」「アレルギー対策」、そしてZ世代は「頭皮の洗浄」と、世代によってヘッドケアの効果に対する要求が異なります。 

洗練されたパッケージと心をつかむ小型ポータブルパック

パッケージの形態では、スキンケア製品カテゴリの小包装が人気です。小包装のスキンケア製品の消費規模は年々増加しており、小包装の消費の伸びは他の包装よりも著しく高い状態です。

異なるカテゴリの場合、顔のスキンケア製品の小さな包装消費は、ヘッドケアの成長率が高い間、最も高い割合を占めています。

フェイシャルスキンケア製品では、小型パッケージのエッセンスが最も成熟しており、小型ボトルの日焼け止めやシートメイクアップリムーバーも高い成長率を示しています。

消費者は、旅行用や携帯用に小さいパックを購入しますが、カテゴリーによっていくつかの違いがあります。 例えば、フェイシャルスキンケア用の小型パックは、鮮度を閉じ込めるためにも使用されることがありますし、携帯用のボディソープは衛生面での配慮が必要です。 

小包装

まとめ

中国の化粧品市場は成長を維持しつつ、標準化・規格化を進め、高品質化に向けて前進しています。 消費者のスキンケアの概念は変化しており、成分や有効性に対する認識が深まり、専門医への信頼が高まり、科学的スキンケアに対する意識が高まっています。

化粧に関しては、自分を表現するための個性的な化粧を提唱すると同時に、肌への負担を軽減するための化粧と栄養の融合にも力を入れています。 また、成分スキンケアの概念はボディケアにも広がり、頭髪ケアもより洗練されたものになっています。

今後、中国の化粧品業界では、品質向上、技術革新、チャネル支援などにも力を入れていき、より多くの可能性を引き出すことができるでしょう。

中国の越境ECのことなら

パル株式会社へご相談を

無名のブランドから大きく育てるブランディングが得意

中国越境ECのパル